運営サイドを起点としたコミュニティ拡張性の検証

COMPANY INFORMATION

会社名 station株式会社
ホームページ https://www.station.space/
本境地 JAPAN

ABOUT

station社は、「コミュニティ創りをアップデートし、誰もが自分のライフスタイルに合ったコミュニティを自由に選べる仕組みをデザインする。」をビジョンに掲げたスタートアップです。
200名を超えるコミュニティオーナーやマネージャーの方々にヒアリングした結果、コミュニティ作りにおける大きな課題として、「コミュニティの設計の仕方がわからない」「コミュニティの実態を具体的に説明できない」という2つの点があることがわかりました。
「station」は、上記の課題を解決するために開発・提供しているSaaS型のサービスです。これまで見え辛かったコミュニティの資産や価値を可視化し、集客、活性化、メンバーLTVの向上など、コミュニティ運営における目的達成をサポートします。

PROJECT

複数のResi-Techパートナーと「運営サイドを起点としたコミュニティ拡張性の検証」について取り組んできました。
各パートナーが展開しているスペースのテーマに沿ったコミュニティをデザインするため、station独自のデザインフレームワークを活用して、情報の整理・設計を実施。コミュニティをベースとした場合のスペースにおけるオペレーション内容や実際に展開するコミュニティイメージを用いて、各スペースの利用者を対象にヒアリング及びワークショップを実施し、スペースにおけるコミュニティの期待値や必要性を測るなどして、「運営サイドを起点としたコミュニティ拡張性の検証」を行いました。

RESULT

プログラム期間中における検証では、設計したコミュニティコンセプトを施設利用者へヒアリングを通して説明し、コミュニティの必要性の確認や相互理解が得られ、具体的な今後のオペレーションイメージを持つことができました。
現在は引き続きコミュニティ拡張の検証に取り組みながら、各所へのstation導入の検討を進めており、コミュニティ内のコンテンツ充実化そして入居されている利用者への参加促進などを検討しております。
また一部の施設ではすでに導入を開始し、運用の構築を進めています。各種スペースやコミュニティを横つなぎし、地域コミュニティとの接着点をデザインすることで、同地域内での交流機会や他地域からの関係人口の循環を作り出し、地場産業の拡張・発展や、新規事業創出に貢献することも検討していきます。

今後について

プログラムにおける取り組みを継続するとともに、今後私達は、コミュニティの価値の可視化、コミュニティの価値そのもの引き上げを行うことで、”そんな新しい時代のコミュニティ作り”を助け、誰もが既存のコミュニティに依存することなく、自分のライフスタイルに合ったコミュニティを自由に選べる仕組みをデザインしたいと考えています。
今後は、場やコミュニティにおけるオペレーションや価値創出に対する支援を本システムで行いつつ、コミュニティインフラとして今まで以上に機能するための開発を継続していきます。

Resi-Tech 3rd Program 開催予定Coming Soon!