News

8期生 コネクテッドロボティクスが6300万円の資金調達を発表

connectedrobotics-fundraising

2018年1月25日、Open Network Labのシードアクセラレータープログラム8期卒業生のコネクテッドロボティクスが6300万円の資金調達を実施したことが発表されました。

深刻化する飲食業の人手不足解消を目指し、調理ロボットシステムを開発するコネクテッドロボティクス社は、第一弾としてたこ焼き調理ロボット「OctoChef」を2018年春にリリース予定です。
今回の調達資金はロボットエンジニアの採用とロボット機材の購入費に充てるとのことで、今後はたこ焼きだけでなく、カレー、寿司、牛丼、焼き鳥などの自動調理に取り組んでいくとのことです。

▼関連記事はこちら
6,300万円の資金調達を実施しました (Connected Robotics)
器用にたこ焼きを返す調理ロボットを開発、コネクテッドロボティクスが6300万円調達 (TechCrunch Japan)
調理ロボット開発のコネクテッドロボティクス、6,300万円をシード調達——500 Startups Japan、Draper Nexus、エースタートらから (THE BRIDGE)

新着記事

ニュース一覧