News

10期生 SmartHRが15億円の資金調達を発表

screencapture-smarthr-co-jp-1517188882885

2018年1月23日、Open Network Labのシードアクセラレータープログラム10期卒業生のSmartHRが15億円の資金調達を実施したことが発表されました。

労務管理クラウド「SmartHR」を運営するSmartHRは今回、戦略的スキーム「SPV(Special Purpose Vehicle)」を活用してシリーズBラウンドでの15億円の資金調達を実施しました。今回のスキームでは、既存株主である500 Startups が東京海上日動火災保険、日宣、機関投資家3社、CVC、個人投資家などをLPとして、今回のラウンド専用のファンドを組成しました。SmartHRでは、今回の調達によりサービスの追加開発と人材採用を行うとともに、マーケティング活動も推進していくとのことです。

▼関連記事はこちら
株式会社SmartHRが戦略的スキームSPVを活用した 15億円のシリーズB 資金調達を実施 (SmartHR)
SmartHRが15億円調達、東京海上日動火災保険との連携も視野に (TechCrunch Japan)
人事労務クラウドのSmartHR、500 Startups Japan組成のSPVによりシリーズBラウンドで15億円を資金調達——東京海上日動、日宣などから (THE BRIDGE)
クラウド労務サービス「SmartHR」が15億円の資金調達–SPVのスキームを活用 (CNET)
労務管理のクラウドサービスSmartHRが15億円のシリーズB資金調達 (ASCII)

新着記事

ニュース一覧