Events

開催日時

【イベント報告】BOOTSTRAP in Fukuoka を開催しました!

Bootstrap福岡

9月29日に、福岡にてStartupGoGoさま、F Venturesさまご協力のもと、BOOTSTRAPを開催しました。
悪天で足元が悪いにもかかわらず、ご応募いただいた殆どの方にご来場いただきました。
福岡、そして大分から足を運んでくださった皆さま、ありがとうございました!
当日の内容を一部ご紹介させていただきます。

>>THEME 1 アイデア検証



アイデア検証イメージ アイデア検証

何故、アイデア検証が必要なのでしょうか?
そこには、競合先・大手企業・既存企業・投資家など、スタートアップが無視できないプレイヤーの存在があります。
どうやって競合と差別化するのか、ユーザーがあなたのサービスを使う理由は何なのか、それが説明できないと投資家からの支援は得られません。だからこそ、アイデアの検証をしっかり行うことが大切なのです。Onlabのシードアクセラレータープログラムでも何度も伝えていることですが、「誰の・どんな課題を・どう解決するのか」これをしっかりと捉えられないサービスは、ある程度成長した時点で止まってしまいます。


>>THEME2 ユーザーヒアリング



ユーザーヒアリングイメージ ユーザーヒアリング


みなさん、きちんとユーザーヒアリングを実施していますか? 
Onlabのプログラム参加チームもそうなのですが、意外とユーザーヒアリングができていない方、正しくヒアリングができていない方が多いです。THEME2では、卒業生が代々受け継いでいるユーザーヒアリングのノウハウを参加者の皆さんにお伝えしました。みなさんのアイデア・サービスがいいものなのかどうか、ユーザーだけがそれを知っています。


>>THEME3 プロダクトの作り方



プロダクトの作り方イメージ プロダクトの作り方

ユーザーに刺さるプロダクトを作るのに必要なことは何でしょう?
それは「コードを書くこと」と「ユーザーと話すこと」この2点だけです。そして、プロダクトをリリースしてから最も重要なのは、そのプロダクトにマーケットが存在すること(Product Martket FIt)を確認することです。その検証のために、最初のプロダクトは必要最低限な機能にとどめ(MVP)、定量的に検証可能な状態にして、最速でPDCAをまわすことが重要になります。


>>THEME4 プレゼンテーション



プレゼンテーションイメージ プレゼンテーション

事業とは違い、練習すればするほど上達するのがプレゼンテーションです。
THEME4では、Onlabが実際にプログラム中に教えている資料作成のTIPSをお伝えしました。また、参加者2名さまに実際にプレゼンテーションしていただき、フィードバックをしながら会場全体でノウハウを学んでいきました。


>>THEME5-1 効果的な広報活動



広報活動

THEME5の前半は、F Venturesの両角氏によるセッションでした。
プロダクトのリリース後、上手く広報活動することの重要性や、実際にプレスリリース記事を作成する際に押さえるべきポイントをお話いただきました。


>>THEME5-2 福岡における資金調達



福岡での調達

THEME5の後半はStartupGoGoの中原氏によるセッションでした。
融資と投資、そして助成金と補助金の違いについて説明いただいた上で、福岡におけるスタートアップへの融資制度をご紹介頂きました。


>>参加者からの感想



懇親会1 懇親会2



本日のBOOTSTRAP、如何でしたか?
・2日間~7日間のプログラムもあると嬉しいです。
・非常に有意義なセミナーでした。
・今後のサービス展開に活かしていきます。ありがとうございました。

本日のコンテンツで、一番有益だったことは何ですか?
・ユーザーヒアリングの重要性に気がつかせられたこと。
・VCに勤務されている方に直接話を伺えた点。
・心えぐられる感想を言われたこと。
・ユーザーへのヒアリングの重要性が認識できた点。
・失敗の定義、顧客開発。
・課題検証のワークショップ。

最後に、今回ご協力いただきましたStartupGoGoの中原さん、F Venturesの両角さん、本当にありがとうございました!!

次回のBOOTSTRAPは東京での開催を予定しております。
◎ご興味ある方は是非OnlabのFacebook / Twitterをフォローください♪



▼BOOTSTRAP関連記事
Open Network Labが、MVP作成までをハンズオンする短期集中起業支援プログラム「BOOTSTRAP」を始動

イベント一覧