News

第2期Seed Acceleratorの成果発表を行いました

東京・恵比寿で開催した「The New Context Conference 2011 Spring」で、第2期Seed Acceleratorの成果発表を行いました。発表を行ったのは、2011年1月初めから始まった3カ月間のプログラムを終了した以下の4チームです。

グループに向けたソーシャルフィードのアグリゲーションサービス
デジタルコンテンツの発掘アプリ
写真共有アプリ
位置情報を使ったネットワーキングサービス
 5分間のプレゼンテーションと審査員との間の質疑応答により審査を行い、第2期の最優秀チームとしてWondershakeが選ばれました。
 また今回は、審査員の強い希望により「審査員特別賞」をCompathのチームに贈りました。
IMG_6237
 最終審査には、Open Network Labのメンターのほか、海外の起業家やベテランエンジニアが参加しました。顔ぶれは以下の通りです。
Abdur Chowdhry、 Twitter社チーフサイエンティスト
Phil Libin、 Evernote社 CEO
Robert Goldberg、Zynga Japan CEO
Andrew “bunnie” Huang、 Chumby社 マネージングディレクター
Paul Compbell、 HyperTiny社 創業者
David Ewald、 Uncorked Studios社 クリエイティブディレクター
Michelle Levesque、 元Google社 ソフトウエアエンジニア
外村 仁、First Compass Group ジェネラルパートナー
西川 潔、株式会社ネットエイジ 代表取締役社長
佐藤輝英、株式会社ネットプライスドットコム 代表取締役兼グループCEO
林 郁、株式会社デジタルガレージ 代表取締役兼グループCEO
伊藤穰一、株式会社デジタルガレージ 共同創業者
安田幹広、株式会社デジタルガレージ 取締役
南 一哉、株式会社DGインキュベーション 取締役海外投資担当CIO
村上敦浩、株式会社カカクコム 食べログ本部長
 

Open Network Labの近況とイベントの報告

こんにちは、Open Network Lab (ONL) 事務局の栗山です。
早いもので2011年も気がつけばもう3月ですね。
ONLでは、3月はシードアクセラレーター (SA) の中間審査の月です。
年初めに第2期開始を祝うキックオフやプロジェクトのブラッシュアップやチーム間のコミュニーケーションや等を促す1日合宿でスタート、その後、各チームは開発はもとより、メンターとのメンタリングやサービスインに向けて様々な作業を進めてきました。
中には、シンガポールのイベントでプレゼンテーションを行ったチームもありましたし、早くもサービスイン直前のチームもあるようです。
非常に活動的でスピード感があるのが第2期の特徴で、事務局としてもそれに負けないようにと緊張が絶えません。
また、SA1期生で昨年の「The New Context Conference 2010」にて優勝をした「giftee」(ギフティ)が3月1日にパブリックベータをリリースしました。
自分は、gifteeが1期に応募してきた際の面談審査にも同席していたのですが、そのチームがこうしてサービスインを迎える事が出来るのをみるのは、何とも感慨深いものがあります。
事務局もリリースに向けサポートを続け無事にリリースの日が迎える事が出来、一同喜んでいます。
今後もがんばって下さい。
マイクロギフトサービス「giftee」: http://giftee.co/
一方、ONL事務局は、つい先日になりますが、2月末に2度「Open Network Live! (ONL!)」を開催しました。

Read More

第2期「Seed Accelerator」参加チーム発表

 こんにちは「Open Network Lab」(ONL)事務局の栗山です。
10月27日に募集を開始し、今月1日に締め切った第2期「Seed Accelerator (シードアクセラレーター)」の募集ですが、本日、その第2期参加チームの発表(PDF: プレスリリース)を致しました。
今回の応募総数は、前回を上回る52の応募があり、また海外からも多数ご応募を頂きました。
ありがとうございました。
集まった事業計画(ビジネスプラン)は、ONLのコンセプト「ユニークな創造性とグローバルな視点」に基づき、事務局にて書類審査の後その通過チームに対して面談をさせて頂き、さらにメンターを含めた審査を経て、最終的な第1次審査通過チームを選抜致しました。
その中で、今回選抜された参加チームは、以下になります。
 サービス名 / 代表者名 / サービス概要
・Dimitli (ディミトリ) / 安藤 拓道
 写真を軸にしたソーシャルコミュニケーションプラットフォーム
・EbisuMessage (エビスメッセージ) / 岡崎 雄太
 EメールやTwitter, SNSなど、日常的に使うメッセージサービスが異なっていても
 気にせず他人と会話ができるサービス
・Wondershake (ワンダーシェイク) / 鈴木 仁士
 現実世界の人々のテイスト(趣味)を可視化するスマートフォンアプリ
・fanvoice (ファンボイス) / 村田 大
 ツイートから生成される人やお店の最新小ネタ共有サイト
以上の4チームには、年明け1月から3月末までの約3ヶ月間、ONL事務局のサポートをはじめ、オフィス設備・サーバー環境など施設、活動資金の他に、ONLメンターとの面談が提供され、それらを踏まえサービスや製品のビジネスプランを磨いてもらいます。
そして、2次審査(2月末予定)を経て4月に予定しているDG主催「The New Context Conference 2011 Spring (仮)」にて、ONLメンター含め国内外の起業家や投資家の前で成果の発表をしてもらいます。
シードアクセラレータープログラムについてはこちらのリンクから、また今回の発表に関するプレスリリースは、こちらのPDFでどうぞ。
さて、2010年も最後の週となりました。
4月にONLを開始し、おかげさまで予定通り年内に2回のシードアクセラレーターの選考が行え、またイベント「Open Network Live !」(ONL!)や「The New Context Conference」(NCC)もいろいろなゲストと参加者に支えられ無事に開催してこれました事を本当に感謝しています。
それからシードアクセラレーター1期生の皆さんもいろいろとありがとうございました。
来年のONLは、シードアクセラレータープログラム関連では、明けて早々に2期生とのキックオフ会やプログラムへの新しい取組みが控えており、またイベント(ONL!やNCC)関連では、それならではの様々なゲストやプログラムの準備を進めています。
既に年明けモードで進行中のONLに来年もご期待頂ければと思います。
それでは皆様、良いお年をお迎え下さい。
ONL事務局一同
1 27 28 29 30 31 32 33