News

14期生 Cansell シリーズAラウンドで約2億円の資金調達を発表

cansell

2018年8月20日、Open Network Labのシードアクセラレータープログラム14期卒業生の
Cansellが約2億円の資金調達を実施したことが発表されました。

出資参加したのはDGインキュベーション、DK Gate、マネックスベンチャーズおよび個人投資家。
同社にとって、2017年1月に実施した4,000万円の資金調達(シードラウンド)に続くものとなりました。

今回の資金調達により、Cansellはサービス開発体制の強化とマーケティング施策への投資を実施する予定です。
また、今年3月に発表した宿泊施設向けのパートナープログラムの本格的な展開に向け、
人員確保、オペレーションの改善など運営体制の構築を推進するとしています。

▼関連記事はこちら
THE BRIDGE  宿泊権利売買の「Cansell」、シリーズAラウンドで約2億円を調達
——DGインキュベーション、DK Gate、マネックスベンチャーズらから

Techcrunch |キャンセルした宿泊権利を売却できる「Cansell」が2億円調達

10期生 SmartHR J-Startupに採択

smarthr

2018年6月11日、Open Netwrok Labシードアクセラレータープログラム10期卒業生の株式会社SmartHRは、経済産業省が主導する政府のスタートアップ支援策、「J-Startup」の対象企業として採択されました。

J-Startup」は経済産業省がJETRO(日本貿易振興機構)、NEDO(新エネルギー・産業技術綜合開発機構)らと共同で運営する、革新的な技術やビジネスモデルで新しい価値を提供することを目的としたプログラムです。SmartHRは、J-Startup企業として、今後もさらなるサービスの成長と、市場の拡大を目指す方針です。

▼関連記事はこちら
http://thebridge.jp/2018/06/meti-announces-j-startup

9期生mobingi、AWSコスト管理ツール「Mobingi Ripple」をリリース

mobingi

2018年5月29日、Open Network Labのシードアクセラレータープログラム9期卒業生のmobingi株式会社がAWS(Amazon Web Services)の利用コストを組織単位で自動細分化管理できるツール「Mobingi Ripple」をリリースいたしました。

今後はユーザの需要推移を見ながら機能拡充を行い、GCP(Google Cloud Platform)や Microsoft Azure など他のクラウドプラットフォームへの対応についても検討していく予定です。

▼関連記事はこちら
THE BRIDGE | クラウド自動化のMobingi、AWSの費用を組織単位で細分化管理できるツール「Mobingi Ripple」をリリース

1 2 3 4 39