News

【1月30日(水)東京・2月1日(金)京都にて開催決定!】GitHub COO PJ Hyett氏来日講演

github-logo

起業家育成プログラムを運営するOpen Network Labでは、GitHubの創業メンバー、開発者であるPJ Hyett氏をお招きし、”立ち上げから利用者250万人までの軌跡”をテーマにディスカッションを行います。

創業からわずか4年間で利用者250万人を突破した、ソーシャルコーディングを提唱する開発プロジェクト共有サービスGitHub。

今やエンジニアにとって必要不可欠となったGitHubの立ち上げから250万人の利用者に達成するまでの様々な施策や、成功や失敗体験について、2013年1月30日(水)に東京会場・2月1日(金)に京都にてイベントを開催します。


≪GitHub COO PJ Hyett氏プロフィール≫
GitHubの創業メンバー。同社にてCOOを務める。

≪GitHubとは≫
GitHub(ギットハブ)とは、Gitを使用したソフトウェア開発プロジェクトのための共有ウェブサービスである。Gitとはプロジェクトの改訂履歴を管理し保存するバージョン管理システムであり、ソースコードをはじめとする全てのファイルアップデート履歴を保存し、管理できる。Gitはコマンドラインで使用するのに対し、GitHubはWeb上で動作し視覚化されたインターフェースで、Gitのリポジトリをホスティングし複数のメンバーで行うプロジェクトの共有や、タスク管理を行える。また他のユーザーが作成したソースを”Fork”(コピーして使用する)できたり、反対に”Pull Request”という機能で作成したコードを他のユーザーに提案できる。GitHubはRuby on RailsおよびErlangで記述されており、主な開発者はChris Wanstrath氏、PJ Hyett氏、Tom Preston-Werner氏である。

新着記事

ニュース一覧